スポンサードリンク

年金をもらえるの?

年金問題について、連日、テレビや新聞で報道されていますが、私も心配で心配でなりません。受給年齢が少しずつ引き上げられたり、受給額が抑えられたりしていても、国がやっていることなのだから、大丈夫だと信じていました。

「年金制度は崩壊する」と言われていたりしても、「絶対に大丈夫。国が何とかしてくれるはずだから」と家族にも自分にも言い聞かせていました。だから、毎月毎月、保険料を黙って払ってきたのです。それなのに、長年きちんと払ってきたのに、「記録を失くしたからあなたには払えません」なんてことがあっていいのでしょうか?そんなことが許されるのでしょうか?

さらに、「年金をもらいたければ、払っていたことを自分で証明しろ」なんて、そんなことってあるでしょうか?社保庁が振り込め詐欺だとは思わなかったというような意味の川柳がありましたが、言い得て妙だと苦笑してしまいましたが、本当にそうですよね。もう笑うしかないという感じです。

それでなくても一般的に年金不信は大きくなってましたよね。今の若い世代には年金が支払われないんではないかとか、支払われても低い金額になるのではないかって。だからどうせ貰えないのなら、保険料を払わずにいようと考える人が多くなっていたんでしたよね。それを政府自民党は躍起になって否定してきたんでしたよね。

仮に受給できる金額は少なくなったとしても、普通の貯金などに比べると、はるかに率が良いのだから、国を信じて黙って払おうと決めていました。支払った分だけ支給されるものなのかどうなのかなんて、あまり詳しく知らなかったのですが、国がやることだから大丈夫だろうと思っていましたし、「年金は大丈夫ですよ」って自民党の国会議員さんたちが言っているので、大丈夫なんだろうって考えてました。

でも、年金記録漏れ問題が発覚しました。私の老後は大丈夫なんでしょうか?本当に不安でいっぱいです。
posted by 年金問題〜私の年金は大丈夫? at 17:51 | 年金問題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。