スポンサードリンク

年金相談窓口に相談者があふれています



やっぱり、年金相談窓口に相談者が殺到していますね。

そりゃそうです。住宅ローンを退職金で払ったりしたら、頼みの綱は年金ですもんね。今回の年金記録不備問題では、公的年金への不信、不満が広がって当然だと思います。

臨時窓口を設置してから初めての週末となったわけですが、幹部が頭を下げるなど沈静化しようとしてますけど、そんな「パフォーマンス」じゃだめですよね〜。

全国に309ある社会保険事務所では10日も、職員が休日を返上して相談を受け付けているみたいですが、当たり前とは言え、職員もいい迷惑と言えば、いい迷惑でしょうね。

それに「何を考えてんだか」って、また思ったことは、臨時の年金相談窓口を、JR渋谷駅近くに設置したことです。人通りの多いところを選んだということですが、渋谷は若者の街でしょ。年金相談を必要としている人はいないですよね〜。まぁ、時間もなかったから適した場所を見つけるより、人通りの多いところということになったのでしょうが、これだって、人目につくことで「一応やってますよ」というパフォーマンスでしかないように思われても仕方ないですよね。

やっぱり、全国各地の社会保険事務所では、5月下旬から相談が急増していて、待ち時間がなんと1、2時間以上になるところも多いようなんです。待ってる間にイライラしますから、自分の順番が来たときにはケンカ腰になってしまいそう。

じゃあ電話で相談しようと思っても、電話相談専用の「ねんきんダイヤル」は日中、つながりにくい状態が続いているのですから、困ってしまいます。

年金記録不備問題を調査する「検証委員会」が総務省に設けられたようなんですが、政府が、あえて所管する厚生労働省に委員会を設置しなかったことについて、政府内では「参院選対策という意図が丸見え」と冷めた見方もあるようですね。菅義偉総務相が、社保庁解体を求める自民党議員連盟の事務局長を務めていることから「内閣支持率の低下を食い止めるため、菅さんから官邸に持ち掛けた話では」(政府関係者)との憶測も出ているって言うのですが・・・。どうなんでしょ。
posted by 年金問題〜私の年金は大丈夫? at 10:42 | 年金問題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。