スポンサードリンク

年金相談の電話番号が変わりました


今日から年金相談の電話番号が変わりましたね。専用のフリーダイヤルになりました。

年金記録不備問題、納付記録漏れ、いわゆる「消えた年金」「宙に浮いた年金」といろいろな呼ばれ方をしていますが、これらの問題を受け社会保険庁は、今日の午前八時半から、受給者や加入者の不安を解消するため記録相談態勢を拡充したわけです。

このフリーダイヤルは、土日も含め二十四時間対応してくれるんだそうです。24時間ということは、夜中も誰かが対応しているのですから、残業代とか深夜勤務手当てなどが発生するんでしょうね。アルバイトとか派遣社員とかなのかもしれませんが、今回のこの年金問題に直接関係のない方だとしたら、本当にいい迷惑で、ご苦労さまです。

あ、今日からのフリーダイヤルの番号は、(0120)657830。
前にも書いたと思うのですが、ロウゴナヤミゼロ(老後悩みゼロ)のごろ合わせですね。

このフリーダイアルで年金相談するときには、自分の基礎年金番号が必須です。

ダイヤルする前に、国民年金の人は年金手帳を手元に用意しておいた方がいいでしょうね。厚生年金加入者で会社が年金手帳を管理している場合は、総務課になどの担当部署へ確認してからのほうがいいですね。の照会が必要だ。

でも気をつけてください。

社保庁はこんなふうに言っています。

「コンピューター内の記録を調べるため、夜間から早朝(午後八時―午前八時半)に受け付けた相談は、内容を確認した上で翌日以降コールバック(かけ直し)して回答する形になる」

やはり、夜間から早朝の時間帯は、年金のことには詳しくないアルバイトや派遣社員のような人が対応するだけで、おそらく用件を聞いておいて、翌日に職員に引継ぎ、それから連絡が来るような感じなのかも知れませんよ。

これだけ問題になっていても、全国各地の社会保険事務所の窓口相談は、平日午後七時までしか受け付けないし、国民の不安や不信が全然わかっていないんでしょうね。

posted by 年金問題〜私の年金は大丈夫? at 13:35 | 年金問題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。