スポンサードリンク

年金をもらえるの?

年金問題について、連日、テレビや新聞で報道されていますが、私も心配で心配でなりません。受給年齢が少しずつ引き上げられたり、受給額が抑えられたりしていても、国がやっていることなのだから、大丈夫だと信じていました。

「年金制度は崩壊する」と言われていたりしても、「絶対に大丈夫。国が何とかしてくれるはずだから」と家族にも自分にも言い聞かせていました。だから、毎月毎月、保険料を黙って払ってきたのです。それなのに、長年きちんと払ってきたのに、「記録を失くしたからあなたには払えません」なんてことがあっていいのでしょうか?そんなことが許されるのでしょうか?

さらに、「年金をもらいたければ、払っていたことを自分で証明しろ」なんて、そんなことってあるでしょうか?社保庁が振り込め詐欺だとは思わなかったというような意味の川柳がありましたが、言い得て妙だと苦笑してしまいましたが、本当にそうですよね。もう笑うしかないという感じです。

それでなくても一般的に年金不信は大きくなってましたよね。今の若い世代には年金が支払われないんではないかとか、支払われても低い金額になるのではないかって。だからどうせ貰えないのなら、保険料を払わずにいようと考える人が多くなっていたんでしたよね。それを政府自民党は躍起になって否定してきたんでしたよね。

仮に受給できる金額は少なくなったとしても、普通の貯金などに比べると、はるかに率が良いのだから、国を信じて黙って払おうと決めていました。支払った分だけ支給されるものなのかどうなのかなんて、あまり詳しく知らなかったのですが、国がやることだから大丈夫だろうと思っていましたし、「年金は大丈夫ですよ」って自民党の国会議員さんたちが言っているので、大丈夫なんだろうって考えてました。

でも、年金記録漏れ問題が発覚しました。私の老後は大丈夫なんでしょうか?本当に不安でいっぱいです。
posted by 年金問題〜私の年金は大丈夫? at 17:51 | 年金問題

社会保険庁の元長官が3億円以上?

社会保険庁の元長官という人がテレビでインタビューを受けていましたが、何だか何の責任も感じていないのが露骨に出ていましたね。今回の年金問題とは関係ないことではあるのですが、天下りを繰り返し(天下りを繰り返すことをワタリというそうですが)、退職金や給料を3億円以上も手に入れているって言うんです。そして、今も何番目かの天下り先で、高い給料をもらい、辞めるときにはまた退職金をもらうのでしょう。

年金記録漏れ問題には直接は関係ないことだとは分かっていますけど、でもやっぱりそういう人に怒りの矛先が向いてしまいますよね。マスコミは誰かを悪者にして叩く傾向があると言われていますが、一生懸命年金の保険料を支払ってきたのに、もしかしたらその年金がもらえないかもしれないと老後にとても不安に思っている人にしてみたら、責任者だった人物が、老後に何の不安もなく、きっとベンツとかBMWとか高級外車なんかに乗って、豪邸に住んだりしているだろうと想像するだけで、怒りが沸々とわいて来ることは仕方ないですよね。

年金保険料だけでなく、コムスンの問題では介護保険料も今度は絡んできます。生命保険の未払い問題など、もう老後の支えでなくてはならないことが、一度にガラガラと崩れだしています。これで明るい老後に希望が持てるものでしょうかね。医療費負担も心配だし、ベッド数の問題とかもあるし、世界第2位の経済大国と言っても、この程度なんでしょうか。

官僚だけが老後に何の不安もなく、ばら色の人生を送れる世の中なんでしょうかね。「俺たちは遊ぶこともせずに勉強してきたんだ」なんて言うのかもしれませんが、学生時代に一生懸命勉強していれば、そんな人生を送れたなんて知らなかったなぁ。でも東大に入るくらいじゃないとダメなのかな。
posted by 年金問題〜私の年金は大丈夫? at 20:45 | 年金問題

年金問題で社保庁長官が駅前でチラシ配り?

年金問題について、今朝のワイドショーで、社会保険庁の長官が、東京駅の前でチラシを配っているシーンが放送されていました。チラシを配ることが今すべきことなんでしょうかね。それに東京でだけそんなことをやるのは、明らかにマスコミ向けのポーズでしかないような気がします。(全国各地で職員が配ったようですね。スミマセン)

それから、朝日新聞の記事が紹介されていたのですが、社会保険庁で残業することを了承したということが記事になっていたんですよねぇ。社会保険庁って残業をしたことがなかったってことなんでしょうか。ビックリです。

でも、残業がOKって言っていても、サービス残業をするわけではないんですよね?

自分たちの落ち度のために残業が必要になっているのに、きっと彼らはしっかり残業代を請求するのでしょう。役所や公務員は、しっかり晩御飯を食べてから残業をするという話を聞いたのですが、きっとその食事代も税金から支払うことになり、そして、その後の残業代もまた税金から取られるんだと思います。食後にダラダラしながら適当に時間を消費するんでしょうね。

民間会社なら食事もとらずに残業するものですが、きっと彼らは違うんだと思いますよ。

また、今回の「消えた年金」の問題は、民間会社ならば倒産すら招きかねません。またテレビのコメンテーターも言っていましたが、銀行ではその日の金額が1円でも合わなければ帰宅することができないと言われてますよね。社会保険庁にもそのくらいの厳しさがあれば、こんなことは絶対に起きなかったんだと思います。

「国民がお客様」という意識が必要だと言っていましたが、このまま社会保険庁を解体したとしても、そういう意識が変わらない限り、結局は同じことになりそうじゃないですかねぇ。

年金未納問題とか記録漏れ問題とか、社会保険庁改革などなど、実は何か別のことを隠すために、今このタイミングで噴出してきたって言ってる人もいますが、この年金記録漏れ問題って、どうして今このタイミングで出てきたんでしょうね。
posted by 年金問題〜私の年金は大丈夫? at 11:16 | 年金問題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。